面取り工具経路

面取り工具経路は、選択ベクトルと工具を使用して角度付きのフィーチャーを作成します。

面取り工具経路は、利用する工具によって以下の2つの操作方法を使用します。

  • 選択工具が角度付き工具の場合、工具の角度が面取り角度を決定します。
  • 選択工具が丸型先端工具の場合、面取り角度の手動指定が必要で、一連の微細加工で近似されます。

加工深さ

[開始深さ(D)]は、面取り上部が開始される深さを指定します。

ベクトル選択

工具経路を作成するには、まず面取りを配置するベクトルを作図してから選択しなければなりません。

工具

ボタンをクリックすると、工具データベースが開きます。ここから使用する工具を選択することができます。詳細は、工具データベースのセクションを参照してください。ボタンをクリックすると、工具編集フォームが開きます。このフォームでは、データベースのマスター情報を変更せずに、選択工具の加工パラメーターを変更することができます。工具名上にマウスオーバーすると、工具データベースの工具選択元を示すヒントが表示されます。

面取り寸法

面取り寸法は、作成される面取りの形状を制御します。

角度(A)

角度は面取りの傾斜を決定します。これは垂直線から測定されます。V-ビット工具では、角度は工具角度の半分に固定されます。丸型先端工具では、角度は指定可能です。

幅(W)

幅は面取りの水平サイズを決定します。角度が設定されている場合、幅の変更に比例して加工深さが変更されます。

加工深さ(C)

加工深さは面取りの高さです。角度が設定されている場合、加工深さの変更に比例して幅が変更されます。

最大加工深さ

[加工深さ]フィールドに指定された面取りの高さを得るには、より深く掘る必要がある場合があります。これは丸型先端工具の使用時に生じます。

[最大加工深さ]フィールドは読み取り専用で加工の全長を表示するため、工具が加工する正確な深さを確認することができます。

オーバーカット

面取りにV-ビット工具を使用する場合、工具エッジを使用し、工具のポイントをパーツから外した方が良い場合があります。マシンの小さな動作と素材の性質により、ポイントにより予定外の傷が残される場合があるためです。オーバーカットコントロールを使用し、工具中心をオフセットし、工具側面で加工を行うための値を指定することができます。

注記

工具側面の長さは未知のため、オーバーカット距離の指定時には、工具の加工エッジがオーバーカット距離を収めるのに十分であることを確認してください。

test
The overcut distance offsets the tip of the tool. It also makes the cut deeper

面取りタイプ

面取りタイプオプションは面取りの傾斜方向と面取りが内側と外側のどちらに行われるかを制御します。

  • 内側面取りは、選択ベクトルの内側になります。
  • 外側面取りは、選択ベクトルの外側になります。

傾斜方向は、選択ベクトルに相対して面取りが上向きと下向きのどちらであるかを識別します。

test
Chamfer Outside & Down. With pocket clearance outside
test
Chamfer Outside and Up. Clearance pocket inside the vector

どちらのオプションも異なる面取りスタイルを生成するために同時に使用可能です。

Cut Direction

The cut direction may be set to either climb or conventional milling.

2Dプレビュー

面取りが配置される傾斜を表示するために、小さな線が選択ベクトルから外向きに伸びます。線状の矢印が傾斜方向を表します。矢印は下向きの傾斜方向で常に下向きになります。

test
2D Preview Showing Chamfer Outside the vectors. The directions point in the direction of the downwards slop.
test
Result of Chamfer Toolpath

ベクトルの選択順を使用

このオプションの選択時(✓)には、選択された順序でベクトルが加工されます。オプションが未選択の場合は、プログラムが加工時間を削減するために最適化されます。

位置と選択プロパティ

安全高さ

安全にカッターを早送り / 最大送り速度で移動できるジョブ上の高さです。この値は素材設定フォームから変更可能です。

ホーム位置

加工前後に工具が移動する位置です。この値は素材設定フォームから変更可能です。

ベクトル選択

工具経路ページのこの領域では、ベクトルのプロパティまたは位置を使用して、加工を行うベクトルを自動選択することができます。これは、今後の類似したプロジェクトで工具経路設定を再利用するために、工具経路テンプレートを作成する方法でもあります。詳細は、ベクトル選択とアドバンス工具経路テンプレートを参照してください。